アセット 4-8.png

沖縄芝居

アセット 2_4x-min.png

琉球の人々の心を描く「沖縄芝居」

沖縄芝居が誕生したのは明治時代の中頃です。

庶民のくらしや悲恋を描き、セリフを歌で表現した「歌劇」と、時代劇を中心に日常の方言に近い台詞で演じる「方言せりふ劇」の2種類があり、現在も大衆演劇として多くの人に親しまれています。

アセット 22_4x-min.png

渡地物語

青年カマダーは首里の奉公を終えて久米島に帰る途中、渡地の船宿で女郎チルーと出会い、二人は恋に落ちます。

チルーと結婚の約束をして久米島に帰ったカマダーですが、二人の恋の行方はどうなるのでしょうか。

アセット 22_4x-min.png

Photo gallery

DS201118 (2)_edited.jpg

歌劇

歌劇は歌、せりふ、舞踊、しぐさなどで組み立てられた歌舞劇、本格的な歌劇の登場は明治40年代です。

庶民風俗と人情を描いた作品が多く、今でも頻繁に上演されています。

アセット 23_4x-min.png

その他の沖縄伝統芸能はこちらから